So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<ボート転覆>「風強くて怖かった」 浜名湖で中1死亡(毎日新聞)

 生徒らが楽しみにしていたメーンイベントで野外体験学習が暗転した。浜松市北区三ケ日町佐久米の浜名湖で、愛知県豊橋市立章南中学校(水野克昭校長)の生徒18人と教師2人が乗ったカッターボートが転覆し、同中1年、西野花菜(かな)さん(12)が死亡した事故。大雨・強風注意報が発令される悪天候の中のボート訓練に、地元関係者からは「理解に苦しむ」という声も上がった。【仲田力行、平塚雄太、瀬上順敬、山田毅】

 「えい航中にボートが傾いて、ひっくり返った」。転覆したボートに乗っていた男子生徒は青ざめた表情で取材に、事故の状況を語った。

 救助された生徒たちも、ぬれそぼった体を震わせ、消防隊員に背負われ湖畔へ。転覆した船とは別のボートに乗っていた女子生徒(12)は「風が強くて怖かった。不安がって乗らなかった生徒もいた」と声を震わせた。毛布を羽織り泣きじゃくる女子生徒もいた。

 救命胴衣を着て、湖面に浮いていた19人が救助された午後4時半ごろ「全員救助」の一報が現場で流れた。だがその後、転覆したボートの内側で西野さんが見つかり、現場は再び騒然とした。

 現場は浜名湖の最北部の「奥浜名湖」と呼ばれる水域。事故直後は、強い南風が吹いて白波が立ち、湖水は茶色に濁っていた。生徒らは17日から静岡県立三ケ日青年の家で野外活動中で、ボート訓練がメーンイベントだった。

 現場西側の湖畔のホテルで6階ベランダから事故を目撃した東京都八王子市の理容師夫妻は「救助の船がロープをつけてえい航し始めたら、あっという間に1隻が転覆した。若い女性の悲鳴がはっきりと聞こえた」とその瞬間を振り返った。

 現場近くでマリーナを経営する男性(59)は「私は風速10メートル以上の時は出航を見合わせている。当時もかなり湖は荒れていた。ましてや手こぎボートで出航するとは理解に苦しむ」と指摘した。

 ◇ボート横波弱く

 18日午後7時半から会見した、青年の家を所管する静岡県教育委員会の安倍徹教育長らは「通常訓練している気象状況と変わりはなかったので、学校側と相談して出航を決めた」と説明。「状況判断が甘かったかもしれない」と話した。

 青年の家の檀野清司所長(52)は取材に対し「風は東風4メートルで問題ないと判断した」と説明した。職員は「風は最初は弱かったが、やがて強くなった。あの船は横波に弱いので原因は風だと思う」と話した。

【土・日曜日に書く】論説委員・福島敏雄 「龍馬」ブームを考える(産経新聞)
「辞任タイミングはセーフ」小沢氏、再生に決意(読売新聞)
小林氏陣営、会計担当に判決=北教組の違法献金事件―札幌地裁(時事通信)
会期延長は不要=民主・輿石氏(時事通信)
元幕下力士を書類送検=相撲甚句会のロゴ無断使用―商標法違反容疑で警視庁(時事通信)

首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は1日午前、口蹄(こうてい)疫の被害が拡大している宮崎県を訪問し、宮崎県庁で東国原英夫知事に政府の対応を説明した。政府が同県庁内に設けた現地対策本部も訪れたが、被害を受けた農家の視察は見送った。

 首相の宮崎県入りは、4月20日に最初の口蹄疫が確認されてから初めて。首相は東国原知事との会談後、記者団に対し「これから(口蹄疫が)広がらないように防疫体制などに最善を尽くしていきたい」と語った。東国原知事が求めた殺処分対象の家畜へのワクチン接種に対する国の全面負担についても、前向きに検討する考えを示した。

 国会では5月28日、感染地域内の家畜を国が強制的に殺処分することを可能にし、農家の損失などを国が全額補償する口蹄疫対策特別措置法が成立。今月4日に公布、施行される。

【関連:口蹄疫】
確認から6週間…鳩山首相現地入り「普天間と同じパフォーマンスだ」
宮崎県、家畜全額補償に353億円 補正予算案
経費かかるブランド和牛の肥育現場 口蹄疫ショックが追い打ち
「マニュアルは机上の空論」 大阪府立大の向本准教授 口蹄疫
松阪牛も苦慮 素牛3割が宮崎…肥育技など変更模索
「はやぶさ」帰還へ

菅首相誕生へ 「ノーサイド、全員参加を」 (産経新聞)
「正直無念だが決めたこと」=福島氏が退任あいさつ(時事通信)
JT所有地架空転売話、訴訟ドロ沼 誰がだました? 消えた23億(産経新聞)
<遊具事故>4歳児、チェーンに挟んで指切断…北海道・三笠(毎日新聞)
3事業を全面見直し=総務省(時事通信)

急性期病院の特定療養費、都道府県で最大2.5倍の開き(医療介護CBニュース)

 他の医療機関からの紹介状を持参していない患者に対し、200床以上の病院が医療費とは別に徴収できる初診時特定療養費について、急性期病院の都道府県の平均額に最大で約2.5倍の開きがあることが、医療関連マーケティングなどの「ケアレビュー」(東京都品川区)の集計で明らかになった。

 全国1556施設のDPC対象病院とDPC準備病院のうち、病床数が200床以上の1125病院について、都道府県や各病院のホームページで公表されている初診時特定療養費(今年4月1日現在)の数字を基に同社が集計。サイト上で料金が明示されていない場合は、「無料」とした。

 初診時特定療養費を料金別に見ると、「1000円台」が34.4%で最も多く、以下は「2000円台」(23.6%)、「無料」(20.2%)、「3000円台」(11.7%)などの順で、平均額は1983円。このうち5000円以上は24病院で、最高額は北野病院(大阪)の8400円だった。
 また、200-299床の中小病院では、徴収の割合が54.0%だったのに対し、500-599床、600-699床、700床以上ではいずれも9割以上に上り、病院規模が大きいほど料金水準も高い傾向が見られた。さらに、都道府県別の平均額は、徳島が3083円で最も高く、最も低い奈良の1219円と比べて、およそ2.5倍の開きがあった。


【関連記事】
差額ベッド、急性期病院全病床の2割未満
治療結果の分析、DPC参加病院の過半数が未実施
女性看護師の7割、「有給休暇の買い上げ」希望
ワークシェア希望の女性看護師が約8割
2010年度診療報酬改定で中小病院は?

徳之島案表明に3町長「民意は変わらず」(読売新聞)
「四重苦」救う3つの介護政策―NPOが提言(医療介護CBニュース)
普天間未決着でも首相続投支持=小沢氏は「政治状況見て進退判断を」−仙谷氏(時事通信)
火災の遺体に外傷、殺人で捜査 千葉県警(産経新聞)
普天間、政府案決定先送りも=基本閣僚委開催に社・国反対(時事通信)

皇太子さま、帰京(時事通信)

 第一次大極殿完成記念式典などのため奈良を訪れていた皇太子さまは23日夜、帰京された。
 これに先立ち、皇太子さまは同日午後、奈良市の唐招提寺を視察。国宝の鑑真大和上坐像前では、手を合わせて焼香し、質問しながら熱心に見学した。 

<雑記帳>周遊自転車で消費拡大 北海道千歳(毎日新聞)
JICAに厳しい「仕分け」緒方貞子理事長給与にも言及(J-CASTニュース)
仕分け人、科学批判を封印「われわれも研究を重視」「すばらしさ分かります」(産経新聞)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
ローマ、モスクワ発便を再開=4日ぶり成田行き−日航(時事通信)

舛添氏、東国原氏と会談 新党構想に触れず 自民内で批判「オオカミ中年」だ(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相(61)は15日午後、参院議員会館で東国原英夫宮崎県知事(52)と約40分会談し、地方分権推進に向け協力していくことで一致した。新党構想については話題に出なかったという。舛添氏は引き続き東国原氏や橋下徹大阪府知事(40)との連携を深め、存在感をアピールしていく構えだが、自民党内からは、新党結成をちらつかせる舛添氏に対する批判が一気に高まっている。

 東国原氏によると、舛添氏は夏の参院選前にまとめる政策集に東国原氏の地方分権への意見を反映させたいとの考えを示した。東国原氏は「地方税財源の確保など権限や財源の移管について政策を打ち出すなら応援する」と応じたという。

 15日朝の自民党の全議員懇談会では、舛添氏について谷垣禎一総裁に厳しい対応を求める声が相次いだ。平沢勝栄衆院議員は「総裁の『みんなでやろうぜ』は分かるが、もっと非情になってほしい」と求めた。

 懇談会終了後も議員たちの舛添氏への批判は収まらず、後藤田正純衆院議員は「党を出るなら出ればいいが、このままでは『オオカミ中年』だ」と痛烈に皮肉った。

受信契約拒否のホテル経営会社、NHKが提訴(読売新聞)
全国学力テスト 4回目開始 今回から3割の抽出方式に(毎日新聞)
<高速料金制度>民主党の川内氏が異議 足並みの乱れが露呈(毎日新聞)
<日露首脳会談>鳩山首相 北方領土「帰属問題を首脳間で」(毎日新聞)
弁当店に刃物男、60万奪う=開店準備中狙う−東京・練馬(時事通信)

仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が20日夕、首相官邸で開かれ、事業仕分け第2弾で対象となる47の独立行政法人(独法)と151の事業を決定した。外務省所管の国際協力機構(JICA)、文部科学省所管の大学入試センターなどの事業を取り上げた。公開の場での議論を通じ、官僚OBの天下りを含め不透明な事業の実態を明らかにし、無駄の削減を目指す。仕分け結果は5月にもまとめる独法の制度改革案に反映させる方針だ。
 鳩山首相は会議の冒頭、「あらゆる観点から国民の目線に立って見直していく。事業仕分け第2弾がうまく運営されるようにお願いする」と述べた。
 仕分け対象は、事業の必要性や効率性、国または民間でできないかなどの観点から選定。現在104ある独法の半数近くが対象となった。 

【関連ニュース】
仙谷氏への批判、閣僚から相次ぐ=衆参同日選発言
独法の役員公募、第3弾開始=6ポスト対象
47独法、151事業が対象=事業仕分け第2弾
「5月決着」改めて強調=鳩山首相

党の略称は「日本」 田母神氏擁立に否定的(産経新聞)
地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
船体に赤い塗料 妨害つめ跡 調査捕鯨母船が帰国(産経新聞)
日本医師会の新会長が消費税増提案も、出席議員の反対で即撤回(産経新聞)

<薬害C型肝炎>原告団代表の山口さん、自叙伝の出版記念会(毎日新聞)

 薬害C型肝炎訴訟の全国原告団代表、山口美智子さん(53)=福岡市=の自叙伝「いのちの歌〜薬害肝炎、たたかいの軌跡」(毎日新聞社刊)の出版記念会が13日、東京都千代田区のパレスサイドビルで開かれ、原告や弁護士、国会議員ら約100人が出席した。

 呼びかけ人の一人で自民党時代に訴訟の解決に関与した与謝野馨・新党「たちあがれ日本」共同代表が乾杯の音頭を取り、長妻昭厚生労働相は「一行一行に行政として考えさせられる部分があり、本の内容を踏まえ行政に当たりたい」と述べた。山口さんは「原告の仲間や支援者に支えられここまで来られた。問題の全面解決まで闘い続けたい」と語った。

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
薬害C型肝炎:全国原告団代表、山口美智子さんが自叙伝
薬害C型肝炎:「医薬品基本法」制定を 有識者会議
B型肝炎訴訟:遠い解決 札幌地裁、初の和解勧告から1カ月
薬害C型肝炎訴訟:原告団代表・山口さんが自叙伝 「命、政治に翻弄され」

監視や議論で「よりよい制度に」―産科補償制度でシンポ(医療介護CBニュース)
中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)
JR不採用 国労、解決案受け入れへ 12日に正式合意(産経新聞)
<石破茂政調会長>「日本」との選挙協力に積極姿勢(毎日新聞)
銅線2.3トン盗難、売却直前で放置 神戸新交通(産経新聞)

環状線線路に靴 2万人影響 (産経新聞)

 9日午前8時15分ごろ、大阪市浪速区のJR大阪環状線新今宮駅の内回りホームで、普通電車が発車しようとした際、ホームの乗客が「人がホームから落ちた」と伝えたため、車掌が電車を急停車させた。駅員が確認したところ落ちたのは靴だったとわかり、約5分後に運転を再開した。JR西日本によると、内・外回り計13本が運休、計15本が最大10分遅れ、約2万600人に影響した。

出雲のヒシクイ、中国東北部へ=新亜種の可能性高まる−山階研究所(時事通信)
大阪市議側は慎重姿勢…橋下知事「政治家失格だ」(産経新聞)
勝連半島沖への移設反対=地元市民団体−普天間問題(時事通信)
紳士用のジャージージャケットが人気 着心地は楽チン 見た目はきちん(産経新聞)
<ネット利用>子どもが初めて持つネット機器は「ゲーム機」(毎日新聞)

後期高齢者医療制度の保険料、全国平均千3百円増―10年度(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は3月30日、後期高齢者医療制度の2010年度の保険料額(見込み額)などを公表した。それによると、10年度の被保険者一人当たりの保険料額は、全国平均で今年度比1300円(2.1%)増の年額6万3300円となる。

 都道府県単位の後期高齢者医療広域連合のうち、被保険者一人当たりの保険料額が増加するのは31広域連合で、増加率が最も高いのは徳島の7.7%。また、広島(5.8%)や大阪(5.1%)も高い。一方、減少するのは15広域連合で、減少率が最も高いのは茨城の5.4%。以下は埼玉(3.5%)、宮崎(2.7%)などで、増減なしは和歌山のみ。

 また、被保険者一人当たりの保険料額が最も高いのは東京の8万8439円で、これに神奈川(8万5724円)、大阪(8万728円)と続いた。一方、最も低いのは秋田の3万8110円で、岩手(3万8342円)や青森(3万9939円)も低い。

 厚労省によると、当初は全国平均で約14%の増加が見込まれたが、広域連合の剰余金活用や、都道府県に設置されている財政安定化基金の取り崩しなどにより、保険料の増加が抑制された。


【関連記事】
費用負担、公費めぐる意見多数−高齢者医療制度改革会議
次回介護報酬改定で保険料上昇を示唆―山井政務官
市町村国保の保険料収納率が過去最低に―厚労省
協会けんぽへの国庫補助拡充を要請−健保連など3団体
介護保険料、全国平均は月4160円−厚労省

首相、平沼新党「連携しない」(産経新聞)
子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
与謝野氏が離党届提出 谷垣氏「残念だ」(産経新聞)
<国分寺路上遺体>20代の男6人 殺人容疑で再逮捕(毎日新聞)
大丸東京店12階から出火、客は避難(読売新聞)

<雑記帳>始球式でバッテリー 神奈川知事と横浜市長(毎日新聞)

 プロ野球・横浜が横浜スタジアムでの開幕戦を迎えた30日、松沢成文神奈川県知事と林文子横浜市長が始球式でバッテリーを組み県観光親善大使で女優の高島礼子さんからストライクを奪った。

 中学時代はソフトボール部だった林市長が登板。始球式の経験はある高島さんだが、打者は初めて。高めのボール球に対し、大きく振ったバットは空を切り、松沢知事が立ち上がってミットに収めた。

 昨秋交代した加地隆雄球団社長が就任あいさつ時に知事や市長と盛り上がり実現した夢のバッテリー。「来年もポジションを変えてやりたい」と松沢知事。来春の今ごろは知事選なのだが……。【山田麻未】

【関連ニュース】
かながわ観光親善大使:高島礼子さん任命 /神奈川
本格英国式庭園:横浜にオープン /神奈川
プロ野球:ベイスターズ激励会 企業関係者など、開幕に向けエール−−横浜 /神奈川
APEC:11月開催控え、事務局長が横浜市長らと面談 /神奈川
溝端淳平:木南晴夏は「人懐こくて犬のよう」と 主演映画「君が踊る、夏」製作発表

<野中広務氏>土改連会長として民主に陳情 小沢氏と会えず(毎日新聞)
<横浜化学工場爆発>元工場長ら不起訴 従業員2人死傷(毎日新聞)
【Web】思い出の携帯ストラップを供養(産経新聞)
独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討−枝野行政刷新相(時事通信)
<雑記帳>小雪さんが新作映画PRで表敬 福岡(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。